三重県

2022年春実施の全国公立高校入試情報は、2021年12月7日現在によるものです。

1.日程

[前期選抜・スポーツ特別枠選抜][連携型選抜]
○検査
 2/2・3
○内定通知
 2/14

※追検査  2/9
 追々検査 2/17

[後期選抜]
●学力検査
 3/9
○合格発表
 3/17

※追検査・再募集 3/23

2.学力検査

[後期選抜]
国語:45分・50点
数学:45分・50点
英語:45分・50点
理科:45分・50点
社会:45分・50点
<250点満点>

※一部で傾斜配点を実施。→「備考」参照。

○英語聞き取りあり
○国語課題作文あり(例年)

3.調査書

[評定の記載方法]
○1年…5段階(絶対評価)
○2年…5段階(絶対評価)
○3年…5段階(絶対評価)

[調査書点の算出方法]
3年重視(3年のみを合計)
 3年:9教科×5段階=45点
<45点満点>

4.合否判定

[調査書と学力検査の比重]
やや学力検査重視

[判定方法]
両順位重複方式
@次の1・2の両方に含まれている者を合格とする。
1.調査書の学習の記録および特別活動の記録がすぐれている者(定員のおよそ100%)
2.学力検査と実技検査の得点合計(学力検査等得点)の上位者(定員の約80%)
A@の残りの者のうち,1で選ばれた者の中から学力検査等の得点の上位者(定員の残り2分の1まで)を合格とする。
B残りの者について,各高校が事前に明示している「特に重視する選抜資料等」をふまえ,総合的に判断する。

※@の1を募集定員の110%,120%と設定する高校あり。→「備考」参照。

5.推薦入学等

■前期選抜(スポーツ特別枠選抜を含む)
学科・コースの特色をふまえて 「選抜において重視する要件」に基づき独自に行う選抜。
普通科の一部,大部分の専門学科・総合学科で実施。
自己推薦書(スポーツ特別枠はスポーツ特別枠自己推薦書),入学確約書を提出する。
※スポーツ特別枠選抜は,県指定の強化指定運動部のある高校のうち希望する高校が,募集競技を決め, 各競技ごとに若干名を前期選抜の募集人数の枠内で実施する。令和4年度は15校・42競技で実施。スポーツ特別枠で合格内定とならなかった者は, 前期選抜の志願者として選抜する。

[検査内容]
面接または自己表現,作文または小論文,実技検査(スポーツ特別枠は必須),学力検査(国数英のうち2教科以内の学力検査もしくは総合問題),その他の検査のうちから実施。
[調査書]
各学校において独自の計算方法で点数化する。
[定員に対する比率](原則として)
○普通科…30%以内
○普通科の専門コース,専門学科,総合学科,1学年3学級以下の高校の普通科…50%以内
※桑名の衛生看護科,四日市四郷のスポーツ科学コース,飯野の応用デザイン科,白子の文化教養(吹奏楽)コース,松阪工業の繊維デザイン科,相可の食物調理科,昴学園は,100%

■連携型選抜
飯南,南伊勢(南勢校舎)
[検査内容]
面接,《基礎学力検査》
※募集枠は特に定めない。

6.備考

前期選抜のみ,または後期選抜のみで入学定員のすべてを募集する学校・学科・コースあり。
※追検査
すべての選抜で,病気等やむを得ない理由で検査を受けられなかった者は,追検査(前期選抜は追々検査もあり)を受けられる。

■後期選抜
過半数の高校が面接を実施。
同一校内の異なる学科・コースに限り, 第2志望とすることができる。

■海外帰国生徒・外国人生徒等特別枠入学者選抜
志願できる高校・学科・コースが決まっている。前期・後期それぞれ,各校原則として3名以内。(みえ夢学園は午前の部・午後の部各5人以内,飯野の英語コミュニケーション科は各7人以内,昴学園は6人以内)

[前期選抜]
一般生徒と同様。

[後期選抜]
作文, 面接, 《学力検査》

[学力検査の傾斜配点]
○四日市南の数理科学コース…数×2
○飯野の英語コミュニケーション科,宇治山田商業の国際科…英×2

[選抜方法の@の1において調査書点で選ぶ人数が110%以上]
○110%…桑名・四日市南・神戸・津西・松阪の普通科
○120%…桑名・神戸・上野・松阪の理数科,四日市・伊勢の国際科学コース,四日市南の数理科学コース,四日市西の比較文化・歴史コースと数理情報コース,川越,津西の国際科学科,名張青峰の文理探究コース