神奈川県

※2021年春実施の全国公立高校入試情報は、2020年12月7日現在によるものです。             ※学力検査において、3年の一部の内容を出題範囲から除外している場合があります。               受験する都道府県の発表をご確認ください。

1.日程

[共通選抜]
●学力検査等
 2/15           
○面接・特色検査   
 2/15・16・17(各高校が指定した日)
○合格発表
 3/1

※上記の期日だけでは実施が困難な場合は,面接及び特色検査を2月18日に実施することができる。                                         ※クリエイティブスクールの一部の学校では,2月18日が検査日となる場合がある。

2.学力検査
[共通選抜]
国語:50分・100点
数学:50分・100点
英語:50分・100点
理科:50分・100点
社会:50分・100点
<500点満点>
→100点満点に換算。          
※特色検査を実施する場合は,学力検査を3教科まで減じることができる。
※一部で傾斜配点を実施。合計点を100点満点に換算する。→「備考」参照。
※クリエイティブスクールは学力検査を行わず、面接と特色検査を実施。 

○英語聞き取りあり
3.調査書
[評定の記載方法]
○2年…5段階(絶対評価)
○3年…5段階(絶対評価)

[調査書点の算出方法]
3年重視(3年を2倍する)
 2年:9教科×5段階=45点
 3年:9教科×5段階×2倍=90点
<135点満点>
→100点満点に換算。
※一部で傾斜配点を実施。合計点を100点満点に換算する。→「備考」参照。
※クリエイティブスクールの調査書点は,評定ではなく観点別学習状況を活用する。また,フロンティアスクールでも評定は使わず,必要に応じて観点別学習状況を活用する。 
4.合否判定

[調査書と学力検査の比重]
高校により異なる。

[判定方法]
○点数加算方式
それぞれ100点満点に換算した調査書点の換算点をa,学力検査点の換算点をb,面接の換算点をcとし,a×f+b×g+c×hで求めた値を合計数値Sとする。(f・g・hは2以上の整数で,合計が10になるように各校が定める。)
・第1次選考…Sの値の順位に基づき選考。(定員の90%)
・第2次選考…調査書評定を用いずに選考。b×g+c×hで,g+h=10になるよう比率を改めて算出。(定員の10%)

※普通科音楽コース並びに農・工・商・水産に関する学科が欠員を生じた場合,他の学科・コースを第1希望としていて合格者とならず,当該学科・コースを第2希望とする志願者の中から第2次選考の方法により選抜する。
※横浜国際では,異なる選考方法で選考を行う。

○特色検査を実施した場合は,結果を100点満点に換算したdを加算。        
・第1次選考…S=a×f+b×g+c×h+d×i(iは5以下の整数)              
・第2次選考…共通選抜の第2次選考と同じ計算式にd×i(iは5以下の整数)を加算。

5.推薦入学等

■特色検査
高校が,共通の検査(学力検査・面接)に加えて,自校の特色に応じて実施できる検査。
[検査内容]
実技検査,自己表現検査(いずれかまたは両方)
[定員に対する比率]
実施する高校・学科は100%。

■連携募集
学力検査は行わず,光陵は面接とプレゼンテーション,愛川は面接を実施する。
[検査日]                                      2/16

■海外帰国生徒・在県外国人等特別募集
それぞれ実施校が決まっている。
[検査内容]
学力検査(国・数・英),面接,日本語による作文(海外帰国生徒特別募集のみ),《特色検査(横浜国際の国際科国際バカロレアコース)》

[検査日]                                       共通選抜と同日程

6.備考

県立と横須賀市立には学区はない。横浜市立(横浜商業,戸塚の単位制普通科音楽コース,横浜サイエンスフロンティアを除く)と,川崎市立の普通科は,原則としてそれぞれの市内を学区とする。全ての高校で面接を実施。 志願者は,面接シートを提出。

※追検査
インフルエンザ罹患者等やむを得ない事情により学力検査のすべてを受検できなかった者を対象に,追検査(2/22)を実施する。
なお,新型コロナウイルス感染者または濃厚接触者と認定された受検者に対しても追加の検査(3/10)を実施する。

[第1次選考・学力検査の傾斜配点] 
専門コースを除く普通科の例。                       
○横浜市立金沢…英×1.5,数×1.2                                 
○横浜市立南…英×1.5

[第1次選考・調査書の傾斜配点]
専門コースを除く普通科の例。                                
○市ヶ尾,川崎北…4教科のうち点数の高い1教科×2          
○横須賀,追浜,津久井浜…国・数・英×2                                
○麻生…英×1.5,音・美×1.2                     
○逗葉…国・数・英×1.5         
○秦野曽屋…英×1.2,国・数・理・社のうち点数の高い2教科×1.2                  
○有馬…英×1.2 
○横浜氷取沢,大和西,橋本…英×2              
※5教科=英・国・数・理・社  
 4教科=音・美・保体・技家                          

[第2次選考・学力検査の傾斜配点] 
専門コースを除く普通科の例。        
○横浜市立南…英×1.5        
○横浜市立金沢…英×1.5,数×1.2 
○有馬…英×2                                
○上溝…英×2,国・数のうち点数の高い1教科×2