数学の新研究/特集ページ・総仕上げ編
■ 特集ページの特長
1. 巻頭特集「3つのキホン
入試問題を解くうえでおさえておきたい基本事項の「分数の計算」「割合」「速さ」の特集。定着していない生徒にも取り組みやすいよう,言葉や式での説明だけでなく,図解を用いて視覚的に説明。
2. ウォームアップ特集」
生徒がつまずきやすい内容について,問題のパターン別に,解き方の基本を徹底解説。
作図,1次関数の式の求め方,NEW! 数量の表し方について基礎から復習できる。方程式の立式のしかた,合同の証明のしくみと書き方については,解き方のステップが学習できる。
3. 「フォロー特集」
入試で狙われやすい内容を取り上げ,解き方の確認と問題練習ができる。
出題が増加傾向の「代表値を使った説明」,出題頻度の高い「時間と道のりの問題」,教科書での扱いが少ない「放物線と図形」を特集。
NEW! 3年では「数の表し方と説明のまとめ」「合同と相似の証明のまとめ」「角度の求め方のまとめ」を設け,2年から3年にかけて積み上げで学習する内容をまとめて整理して復習することで理解を深めることができる。
4. 「ふりかえりチェック」
学年ごとの復習問題。入試の基本問題を使ったくり返し学習により,基礎学力の定着を確認できる。
各学年とも,前半の「もう一度整理!」でミスしやすい問題の対策ができる。後半の「力だめし」では,入試の正答率50%以上の問題で,入試によく出る基本内容をくり返し確認。
 
■ 総仕上げ編の特長
1. 即効チェック
入試頻出の計算問題や基本問題を重点練習できる。全190問出題。1・2年内容と3年内容(全学年内容)に分けているので,進度に応じて使い始めることも可能。新研究ノートに2回書くスペースを確保。
2. 入試実戦講座
パターン別問題
規則性を発見する問題,関数・図形の融合問題など,入試必出問題をパターン別に構成。左ページの空欄補充形式で解き方をおさえ,右ページの実戦問題へ段階的に取り組める。
NEW! 特に入試で出題の増えている,理由や考え方を説明する問題や,式を使って説明する問題については3回分で徹底練習できる。
○ NEW! NEXT
思考力・判断力・表現力を問う活用問題を特集。近年増加傾向の,資料を読み取ったり,学習した内容を活用したりして考え,説明する問題を出題。「A 練習問題」→「B 実戦問題」で段階的に取り組むことができる。
NEW! 入試予想問題
実際の入試に近い分量と形式で問題を出題。仕上げと確認ができる。
3. 入試直前チェック
3年間の総仕上げとして,左側のポイントを見ながら右側の基本問題を総チェック。入試直前に重要事項が確認できるページ。
4. 巻末資料 スルッとガイド
入試によく出る重要公式・定理…数学の基本となる重要公式・定理を掲載。折込みを広げたまま学習することで,忘れてしまった公式などをすぐに確認しながら学習できる。
解説ページ・問題ページの特長へ

数学の新研究TOPへ