青森県

※2020年春実施の全国公立高校入試情報は、2019年12月6日現在によるものです。

1.日程

[選抜](一般選抜枠・特色化選抜枠)
●学力検査等
 3/10
○合格発表
 3/16

2.学力検査

[一般選抜・特色化選抜枠]
国語:50分・100点
数学:45分・100点
英語:50分・100点
理科:45分・100点
社会:45分・100点
<500点満点>

※傾斜配点は,特色化選抜のみ実施。
また,特色化選抜では,学校・学科・コースで500点満点に独自の倍率をかけて換算する。→「備考」参照。
※実技検査等を追加する高校・学科あり。

○英語聞き取りあり(例年)
○国語聞き取りあり(例年)
○国語課題作文あり(例年)

3.調査書

[評定の記載方法]
○1年…5段階(絶対評価)
○2年…5段階(絶対評価)
○3年…5段階(絶対評価)

[調査書点の算出方法]
9教科×5段階×3学年=135点
※傾斜配点等は,特色化選抜のみ実施。

4.合否判定

[調査書と学力検査の比重]
同等

[判定方法]
募集定員のうちの一般選抜と特色化選抜の募集割合や,どちらを先に選抜するかは,各高校が定め,「令和2年度青森県立高等学校入学者選抜における求める生徒像・選抜方法等一覧」であらかじめ公表する。

◯一般選抜
学力検査点500点,調査書点135点をもとに,学校・学科ごとに選抜方法を定める。 学校・学科の特性に合わせ,実技検査を点数化して加算したり,面接を特に重視したりする学校もある。

◯特色化選抜
調査書点において,部活動や特別活動の記録等を点数化して加点したり,学年・教科によって比重を変えて計算したり,傾斜配点を行ったりする学校もある。 学力検査点,面接点を加えて,学校・学科ごとに選抜方法を定める。

5.推薦入学等

■特色化選抜
全高校・全学科で実施。
選抜資料の配点等を一般選抜とは別に定める選抜。

[検査内容]
一般選抜と同じ。

[全募集人員に対する比率]
10〜50%(10〜20%が多い)

■連携型(田子)
「郷土に関する研究」レポートを提出。

[検査内容]
レポート,面接

[面接日時]
2/3

[合格通知]
2/7

※入学者選抜募集人員は,連携型入学者選抜の合格者数を減じた人数。

6.備考

通学区域は県下一円。
すべての高校・学科で面接を実施。

複数の学科・コースが設置されている学校に出願する場合のみ,当該校内において第2志望を認める。
入学者選抜の合格者数が募集人員に満たない高校・学科は再募集を実施する。

[学力検査(特色化選抜)の傾斜配点]
○青森,青森東,五所川原の全学科,弘前,三沢…国・数・英×1.5(650点満点)
○青森南の外国語科…英×2(600点満点)
○八戸,八戸北,八戸東の普通科…国・数・英×2(800点満点)
○田名部…数・英×1.5(600点満点)
○三本木…数・理・英×2(800点満点)

[特色化選抜で学力検査点を換算する高校]
○青森工業の全学科,弘前工業の全学科,大間…各教科×0.8(400点満点)
○中里,六戸,青森商業・五所川原農林・三本木農業・三沢商業・八戸商業の全学科…各教科×0.5(250点満点)
○青森西,板柳…各教科×0.6(300点満点)
○田子…各教科×0.2(100点満点)