新学社トップ > 愛知県

愛知県

※2019年春実施の全国公立高校入試情報は、2018年12月10日現在によるものです。

1.日程
[連携型選抜]
○面接等
 2/18
○合格発表
 2/19

[一般選抜][推薦選抜]等
Aグループ
●学力検査
 3/7
○面接・特別検査
 3/8(音楽科は3・4・8のいずれか)
○合格発表
 3/19

Bグループ
●学力検査
 3/11
○面接・特別検査
 3/12(音楽科は3・4・12のいずれか)
○合格発表
 3/19
2.学力検査
[学力検査]
 国語:45分・22点
 数学:45分・22点
 英語:10分(聞き取り),40分(筆記)・22点
 理科:45分・22点
 社会:45分・22点
<110点満点>
 ※一部で傾斜配点を実施。→「備考」参照。
3.調査書
[評定の記載方法]
 ○3年…5段階(絶対評価)

[調査書点の算出方法]
 3年重視(3年のみを合計)
 9教科×5段階×2倍=90点
<90点満点>
 調査書点の名称は「評定得点」
 ※一部で傾斜配点を実施。→「備考」参照。
4.合否判定
[調査書と学力検査の比重]
 同等が基本

[判定方法]
 最初に,推薦書,調査書等,面接等を資料として,推薦選抜・海外帰国生徒選抜・外国人生徒等選抜の合格者を決定する。
 次に,学力検査・調査書等・面接等から総合的に評価し,推薦選抜等で合格とならなかった受検者を含めて校内順位(後述)を決める。
 各校の校内順位をコンピュータ処理し,各校ごとに合格圏内に入っている第1志望の生徒を合格候補者とする。同時に,その受検者が第2志望校で合格候補者とならないようにチェック。 
 第2志望校で余裕の生じた人数分だけ,校内順位に従って繰り上げ,合格候補者とする。
〈校内順位の決定〉
 評定得点と学力検査合計得点がともに合格圏内にある者
(他の資料も含めて総合的に判断する)…A
 Aに属さないすべての者…B
 ・Aはそのまま,調査書等の内容や学力検査の成績,面接等の結果を資料として,総合的に順位付けする。
 ・Bは,各高校が選択した次のTUVいずれかの方式を用いて,その他の資料を併せて総合的に順位付けする。
 T…評定得点+学力検査合計得点
 U…評定得点×1.5+学力検査合計得点
 V…評定得点+学力検査合計得点×1.5
 ※「備考」参照。
5.推薦入学等
■推薦選抜
 全高校・全学科で実施。一般選抜に第1志望として出願する者のうち,志願先の高校が示す条件を満たし,中学校長の推薦を得た者を対象とする。
 農業に関する職業に就く意志を有し関連の学科に出願する者は「農業経営状況調査書」,水産に関する職業に就く意志を有し関連の学科に出願する者は「水産業経営状況調査書」を提出。

[検査内容]
 学力検査(一般選抜と同一),面接,《特別検査》    
 ※国際英語科・国際教養科では特別検査(英語による問答)を実施することができる。(平成31年度は実施校なし)
 ※推薦選抜では,学力検査の成績は合否判定の資料にはならない。合格とならなかった場合,一般選抜の対象となる際に資料とする。

[定員に対する比率]
 ○普通科…10〜15%程度
 ○専門学科・総合学科…30〜45%程度
 ※「人物が優れており,恵まれない環境を克服し,向学心に富み,生活態度が他の模範となる者」の枠が,各学科の約5%ある(上記の定員枠に含まれる)。

■連携型選抜
 一般選抜に先立って実施する。
 志望理由書を提出。
[実施校]
 福江の普通科,新城東作手校舎の人と自然科,田口の普通科・林業科
[検査内容]
 面接,「学習のまとめ」の発表

■海外帰国生徒選抜・外国人生徒及び中国帰国生徒等選抜
 一般選抜の日程の中で実施する。
どちらの選抜も,出願校を第1志望とし,一般選抜にも出願するものとする。一般選抜において第2志望校への出願もできる。
 推薦選抜には併願できない。
○海外帰国生徒
 [実施校]
 中村・豊田西・豊橋東の普通科,名古屋市立名東の国際英語科,千種・刈谷北の国際教養科
 [募集人員に対する比率]
 普通科…10%程度まで
 専門学科…30%程度まで
 [検査日]
 一般選抜と同日
 [検査内容]
 一般選抜の学力検査,面接等
 (学力検査のうち,国・数・英を選抜資料とする。)
○外国人生徒及び中国帰国生徒等
 [実施校]
 名古屋南・小牧・東浦・衣台・安城南・豊橋西の普通科,豊田工業・豊川工業の工業科,中川商業の商業科
 [定員に対する比率]
 若干名
 [検査日]
 Aグループ:3/8
 Bグループ:3/12
 [検査内容]
 学力検査(基礎的な内容の国・数・英を一つにまとめた問題,45分),面接
6.備考
一般選抜で,全員に面接を実施。
 推薦選抜・一般選抜ともに, デザイン科・クリエイティブデザイン科・音楽科・美術科・スポーツ科学科は,特別検査(実技試験)も実施。音楽科は「専攻別演奏曲目個票」,スポーツ科学科は「選択希望種目個票」を提出する。

・通学区域は,普通科は尾張・三河の2学区。尾張学区を第1群と第2群に分け,3群とする。その他の学科は全県1学区。
 その通学区域・群分けごとに,すべての高校をA・Bの二つのグループに分ける。
・A・Bグループのいずれか一方,または,双方1校ずつへ出願できる。
 2校出願の場合は,一方を第1志望,もう一方を第2志望とする。ただし,普通科は同じ群内のA・Bグループから選択する。

■追検査
やむを得ない理由で学力検査当日に受検できなかったと認められた場合,追検査を受けることができる。
[日程](学力検査と面接を同日に実施)
 Aグループ:3/9 (特別検査は音楽科を除き3/8)
 Bグループ:3/13 (同上3/12)

[調査書傾斜配点]
 ○音楽科…音楽×1.5
 ○美術科…美術×1.5
 ○スポーツ科学科…保体×1.5
 ○国際英語科・国際教養科…英語×1.5

[学力検査の傾斜配点]
 ○国際英語科・国際教養科…英×1.2

[校内順位U実施校]
緑丘,南陽,中川商業,春日井商業,日進,犬山南,古知野,尾西,稲沢,佐屋,海翔,半田工業,半田商業,東海商業,内海,松平,加茂丘,足助,豊田工業,三好のスポーツ科学科,岩津,岡崎商業,碧南工業,安城南,安城農林,一色の生活デザイン科,吉良の生活文化科,高浜,豊橋商業,国府の総合ビジネス科,豊川工業,三谷水産,新城東作手校舎,田口,若宮商業

[校内順位V実施校]
旭丘・一宮・木曽川・常滑・大府・安城・豊橋南・国府・桜台の普通科,明和,千種,愛知総合工科,瑞陵,松蔭,昭和,名古屋西,熱田,中村,天白,名古屋南,春日井,春日井東,高蔵寺,春日井南,旭野,長久手,尾北,江南,小牧,小牧南,新川,西春,丹羽,一宮西,一宮北,一宮南,一宮興道,津島,津島東,美和,五条,半田,半田東,横須賀,東海南,阿久比,豊田西,豊田北,豊田南,豊田,岡崎,岡崎北,岡崎西,刈谷,刈谷北,安城東,西尾,西尾東,鶴城丘,知立東,時習館,豊橋東,豊丘,御津の国際教養科,小坂井,新城有教館の総合(文理系),菊里,向陽,北,緑,名東,名古屋商業