新学社トップ > 滋賀県

滋賀県

※平成30年春実施の全国公立高校入試情報は、平成29年12月10日現在によるものです。

1.日程

[推薦選抜・スポーツ・文化芸術推薦選抜]              [特色選抜・スポーツ・文化芸術推薦選抜]
○検査 
 2/7・8
○内定通知 
 2/14

[一般選抜]
●学力検査・(面接・作文・実技検査) 
 3/7(〜8)
○合格発表 
 3/14

2.学力検査

[一般選抜]
国語:50分・100点
数学:50分・100点
英語:50分・100点
理科:50分・100点
社会:50分・100点
<500点満点>               
※配点は各高校ごとに定められるが,各教科100点満点が一般的。
※一部で傾斜配点を実施。→「備考」参照。

○英語聞き取りあり
○国語課題作文あり(例年)

3.調査書

[評定の記載方法](例年)
○1年…5段階(絶対評価)
○2年…5段階(絶対評価)
○3年…5段階(絶対評価)

[調査書点の算出方法](例年)
9教科×5段階×3学年=135点
<135点満点>

※調査書の名称は「個人調査報告書」

4.合否判定

[調査書と学力検査の比重]
高校・学科により異なる。(5:5〜3:7)
学力検査重視が多い。

[判定方法]
高校により異なる。
個人調査報告書,学力検査等の成績を資料とする。普通科と専門学科を区別せずに出願する高校(膳所・米原・草津東・栗東)では,志願者の志望に基づき,専門学科を優先して選抜する。

5.推薦入学等

全高校・学科で,推薦選抜と特色選抜のいずれかを実施している。

■推薦選抜(33校)
[検査内容]
面接,作文,実技検査のうち2つ以内。
[定員に対する比率]
25〜50%
(草津東の体育科は85%,栗東の美術科は75%)                  
※信楽…推薦選抜に5名を限度に全国募集枠あり。

■特色選抜(14校)
志願理由書を提出。
[検査内容]
口頭試問,小論文,総合問題,実技検査のうち2つ以上。
[定員に対する比率]
25〜50%            
[調査書と検査の比重]      
3:7〜5:5  検査重視

■スポーツ・文化芸術推薦選抜(18校)                スポーツ強化拠点校・文化芸術推進強化校のうち本選抜を希望する高校が実施する。推薦選抜あるいは特色選抜の募集枠に,募集人員を含む。志願者は,出願する高校が実施する推薦選抜あるいは特色選抜に併願できる。                          [検査内容]
指定された種目の実技検査,《面接,作文,小論文》の内から一つ
※特色選抜実施校は,特色選抜の総合問題を実施できる。また,推薦選抜または特色選抜を併願する者には,推薦選抜または特色選抜と同じ内容の検査も実施する。                             

6.備考

[学力検査の傾斜配点]
○膳所の理数科…数・理×1.2

[その他特記事項]
○草津東の体育科・・・実技検査あり・100点満点
○湖南農業,甲南,八日市南・・・面接あり・50点満点
○栗東の美術科・・・実技検査あり・100点満点
○愛知・・・面接あり・100点満点
○石山の音楽科・・・実技検査あり・100点満点
※石山の音楽科を第2志望とする者は,実技検査を受けなければならない。