鳥取県

※平成29春実施の全国公立高校入試情報は、平成28年12月10日現在によるものです。

1.日程

[推薦入試]
○面接等 2/10
○内定通知 2/15

[一般入試]
●学力検査 3/7
○面接等 3/7〜8
○合格発表 3/15

2.学力検査

[一般入試]
国語:50分・50点
数学:50分・50点
英語:60分・50点
理科:50分・50点
社会:50分・50点
<250点満点>
※一部で傾斜配点を実施。→「備考」参照。
※5教科の内,3教科以上を実施。
入学志願者に受検教科を選択させることもできる。
また,実施しない教科の時間に作文等,他の検査を実施することもできる。(H29年度は,全日制課程では全ての高校で5教科実施。)

○英語聞き取りあり(例年)
○国語条件作文あり(例年)

3.調査書

[評定の記載方法]
○1年…5段階(絶対評価)
○2年…5段階(絶対評価)
○3年…5段階(絶対評価)

[合計評定の算出方法]
3年・実技重視。3年のみを合計。                   ○推薦入試の合計評定                        5×9教科=45点満点                         ※高校により1から2教科の評定を2倍にする場合もある。        <45〜55点満点>                         ○一般入試の合計評定                        5教科のうち学力検査を実施した教科と学力検査を実施しなかった教科それぞれに,学校ごとに定めた定数(実技4教科は5教科の2倍)をかける。 (例)学力検査5教科・高校の定めた定数2の場合           5×5教科×2+5×4教科×4=130点満点
<130〜260点満点>

4.合否判定

[調査書と学力検査の比率]
8:2から2:8の範囲内

[判定方法]
調査書(合計評定及び第3学年のそれ以外の記録),学力検査の合計得点,その他の検査の結果を総合的に判断する。

5.推薦入学等

■推薦入試
大部分の高校・学科で実施。

[検査内容]
面接または口頭試問,《作文または小論文,実技検査》
※面接・作文(小論文)はほとんどの高校が実施。

[定員に対する比率](原則)
普通学科体育コース…50%以内
その他の普通学科…20%以内
専門学科,総合学科…40%以内

[判定方法]
推薦書,調査書,面接または口頭試問,作文または小論文,実技検査の結果を総合的に判断。調査書の合計評定で傾斜配点を実施できる。→「備考」参照。                                ※募集人員のうち若干名を,「学校の特色・求める生徒像」を明示して全国募集する高校あり。

6.備考

一般入試で,全員に面接を実施。作文・実技検査を実施する学科・コースあり(普通科体育コース)。

[学力検査の傾斜配点]
○鳥取工業の理数工学科…数×2,英・理から自己申告した1教科×2

[推薦入試での調査書の傾斜配点]
○鳥取工業の理数工学科…数・理×2