徳島県

※平成29年春実施の全国公立高校入試情報は、平成28年12月10日現在によるものです。

1.日程

[特色選抜・連携型選抜]
○面接等
 2/2
○結果通知
 2/11

[一般選抜]
●学力検査
 3/7
○面接等
 3/8
○追検査,追面接
 3/9
○合格発表
 3/15

2.学力検査

[一般選抜]
国語:55分・100点
数学:45分・100点
英語:50分・100点
理科:45分・100点
社会:45分・100点
<500点満点>→10段階法により10段階に区分する。

○英語聞き取りあり
○国語課題作文あり

3.調査書

[評定の記載方法]
○1年…5段階(絶対評価)
○2年…5段階(絶対評価)
○3年…5段階(絶対評価)

[評定点の算出方法]
実技重視(実技4教科を2倍する)
 5教科×5段階×3学年=75点
 4教科×5段階×2倍×3学年=120点
<195点満点>→10段階法により10段階に区分する。

4.合否判定

[調査書と学力検査の比重]
同等

[判定方法]
段階相関方式(各10段階)
○第1次選考…調査書点,学力検査点がともに定員の上位80%以内の者から選考。面接等の結果なども参考にする。
○第2次選考…第1次選考の対象者以外から,調査書点,学力検査点,面接等の結果により,総合的に選考。                  
※選考は第1志望優先。合格者が定員に満たない場合は,第1志望以外の志願者から選抜。ただし,普通科・理数科・芸術科・外国語科の場合は,第1志望不合格者を第2志望で第1志望者と同一基準で選抜する(10人以内)。                   
※体育科・芸術科の選考に当たっては,第1次選考から,調査書の当該教科の成績や活動記録の記載内容を重視する。

5.推薦入学等

■特色選抜(自己推薦方式)
城西神山・富岡東羽ノ浦,池田三好を除くすべての高校・学科で実施。活動記録を提出。

[出願要件]
学校の特色,志願してほしい生徒像に基づき,スポーツ,文化活動,その他高等学校が定める特色ある活動(部活動等)について,高等学校ごとに出願要件を示す。

[検査内容]              
学力検査T・U,《面接,作文,実技検査》
●学力検査
検査T:45分・100点
(国語・40点,社会・40点,英語・20点)
検査U:45分・100点
(数学・40点,理科・40点,英語・20点)
<200点満点>
     
調査書・学力検査は各高校の配点により換算する。この2つと活動記録,面接等を合計して500点満点。
○城南,徳島商業を除くすべての高校で個人面接を実施。
○作文は脇町のみ実施。

[定員に対する比率]
○普通科…6%以内
○専門学科(体育科・芸術科を除く),総合学科…13%以内
※上記で8人未満になる場合は8人以内             
○体育科,芸術科…100%      
※トップスポーツ校育成事業の指定校は,指定競技の募集人員を別に定める。 
            
■連携型選抜                 
連携型中学校を卒業見込みの者が対象。特色選抜と併願することはできない。
志願理由書を提出。                  
[検査内容]                 
学力検査・面接               
※学力検査は特色選抜と同一。

6.備考

一般選抜で,全員に面接(個人面接か集団面接)を実施。また,学科の特性に応じ実技検査を行う。                 
志願時に体育科は活動記録を,芸術科は活動記録と実技等調査票を提出する。           
※やむを得ない理由で検査を欠席した場合,欠席の理由を証明する書類を添えて,追検査・追面接を申請できる。                          

[普通科・通学区域外志願者の合格者数]                      
・第1学区…学区内総募集定員の10%以内(うち特色選抜合格者は2%以内)。              
・第2学区…学区内総募集定員の8%以内(うち特色選抜合格者は2%以内)。               
・第3学区…高校ごとに募集定員の8%以内(うち特色選抜合格者は2%以内)。                 
・特色選抜のトップスポーツ校育成事業指定校…指定競技の入学予定者には,制限を適用しない。