長野県

※平成29年春実施の全国公立高校入試情報は、平成28年12月10日現在によるものです。

1.日程

[前期選抜]
○面接等 2/8
○合格発表 2/15

[後期選抜]
●学力検査等 3/8
○合格発表 3/17

2.学力検査

[後期選抜]
国語:50分・100点
数学:50分・100点
英語:50分・100点
理科:50分・100点
社会:50分・100点
<500点満点>
※専門学科の一部で傾斜配点あり →「備考」参照。

○英語聞き取りあり

3.調査書

[評定の記載方法]
○1年…5段階(絶対評価)
○2年…5段階(絶対評価)
○3年…5段階(絶対評価)

[調査書点の算出方法]
3年重視(3年のみを合計)
 3年:9教科×5段階=45点
<45点満点>

4.合否判定

[調査書と学力検査の比重]
ほぼ同等

[判定方法]
段階相関方式
調査書は,学習の記録以外の記載事項も総合して選抜の資料とする。
教科の成績については,次のように作成する相関図や,調査書の選択教科の評定などを合わせて選抜の資料とする。
(相関図の作成方法)
@調査書点を縦軸,学力検査得点を横軸とする相関図を作成する。
A学科ごとに設けた基準人員をもとに縦横の区分線を引き,4領域に区分する。
B各領域の特性を考慮して判定する。

5.推薦入学等

■前期選抜(自己推薦型選抜)
80%強の高校・学科で実施。
志願理由書または自己PR文を提出。

[検査内容]
面接・《作文または小論文,実技》

[定員に対する比率]
○普通科,農業科,工業科,商業科,家庭科,総合学科…50%以内
○理数科,英語科,学究科,国際教養科,自然科学探究科,人文科学探究科,スポーツ科学科,音楽科,国際観光科…90%以内

6.備考

後期選抜で面接を実施する高校が相当数ある。音楽科やスポーツ科学科では,実技検査あり。また,志願理由書または自己PR文の提出がある高校も若干数ある。

[学力検査の傾斜配点]
○伊那北の理数科…数・理×1.5
○飯田風越の国際教養科…国・英×2
○松本県ヶ丘の英語科…英×1.5