熊本県

※平成29年春実施の全国公立高校入試情報は、平成28年12月14日現在によるものです。

1.日程

[前期(特色)選抜・中高一貫教育(連携型)選抜]
○面接等
 2/3
○内定通知
 2/13

[後期(一般)選抜]
●学力検査等
 3/8・9
○合格発表
 3/15

2.学力検査

[後期(一般)選抜]
国語:50分・50点
数学:50分・50点
英語:50分・50点
理科:50分・50点
社会:50分・50点
<250点満点>
※一部で傾斜配点を実施。→「備考」参照。

○英語聞き取りあり
○国語課題作文あり(例年)
             
○数学・英語…学校が解答する問題を指定する学校選択問題あり。英語の学校選択問題にはリスニングテストも含まれる。

3.調査書

[評定の記載方法]
○1年…5段階(絶対評価)
○2年…5段階(絶対評価)
○3年…5段階(絶対評価)

[調査書点の算出方法]
3年重視(3年は評点が2倍)
○5教科(教科ごとに教科合計を補正)
 1年:5段階=5点
 2年:5段階=5点
 3年:5段階×2=10点
上記合計20点を学力検査の得点により教科ごとに補正。                 
1教科20点×5教科=100点
○実技4教科
 1年:4教科×5段階=20点
 2年:4教科×5段階=20点
 3年:4教科×5段階×2=40点
上記合計80点
<180点満点>

4.合否判定

[調査書と学力検査の比重]
同等

[判定方法]
両順位重複方式
○第1次選考…学力検査点,調査書点の順位がともに定員以内にある者から選考。
○第1選考後の選考…第1選考での合格者が募集人員に満たない場合,学校ごとに選抜基準を定めて選考する。

5.推薦入学等

■前期(特色)選抜(自己推薦方式)
普通科のコース,専門学科および総合学科の希望する学科・コースで実施。中高一貫校は除く。             
農業に関する学科を志望する者は,農業自営者養成学科入学志願者調書を添付する。                         
通学区域は県下全域。      

[検査内容]
面接(個人・集団・英語を中心とした面接等),作文,小論文,実技検査,記述問題等,学校独自検査の中から,各高校が定める。

[定員に対する比率]
50%以内                               

■中高一貫教育(連携型)選抜                          
当該高校と連携している中学校の卒業見込みの者が対象。高校が課す課題あり。                      
[検査内容]                     
面接,作文

6.備考

前期・後期選抜ともに,県外からの出願者への入学許可は,それぞれ募集人員の5%以内。                    
後期選抜で,普通科(コースを除く)において学区外からの出願者への入学許可は,募集人員の13%以内。
                         
[後期(一般)選抜]             
農業に関する学科を志望する者は,農業自営者養成学科入学志願者調書を添付する。
美術科,美術コース,美術工芸コース,芸術コース,体育コースでは,実技検査を実施する。また,高校は,職業教育を主とする学科には面接を課すことができる。
措置の対象者に該当する海外帰国生徒等で,希望する者は,特別措置を受けられる。5教科のうち志願者が選択した3教科の学力検査と作文,面接を実施する。                       

[学力検査の傾斜配点]
○理数科,普通科の理数コース…数×2
○英語科,普通科の英語コース・国際コース…英×2
○職業教育を主とする学科の一部…学科の特性に応じた教科×2
○全日制の単位制高校(総合学科を含む)…次のa,bのいずれか。
  a.高得点の2教科×2
  b.自己申告した2教科×2