岩手県

※平成29年春実施の全国公立高校入試情報は、平成28年12月10日現在によるものです。

1.日程

[推薦入学者選抜]
○面接等 1/26
○合格通知 〜2/2

[一般・連携型入学者選抜]
●学力検査・面接等 3/9
○合格発表 3/16

2.学力検査

[一般入学者選抜]
国語:50分・100点
数学:50分・100点
英語:50分・100点
理科:50分・100点
社会:50分・100点
<500点満点>
※一部で傾斜配点を実施。→「備考」参照。
※学力検査500点+調査書と面接等の合計点500点=1000点
○英語聞き取りあり(例年)

3.調査書

[評定の記載方法]
学習の記録の換算点:5教科=各10
4教科=各15

[調査書点の算出方法]実技重視
1年:2年:3年=1:2:3
1年:5教科×10+4教科×15=110点
2年:5教科×10×2倍+4教科×15×2倍=220点
3年:5教科×10×3倍+4教科×15×3倍=330点
<660点満点>
→440点満点に換算(660×2/3)。
面接,《小論文または作文,適性検査(実技等)》60点。
調査書点と面接等の得点を合わせて500点となる。

4.合否判定

[調査書と学力検査の比重]
高校・選考の段階により異なる。

[判定方法]
以下の「ABC選考」で選考を行う。                  A選考は必ず実施し,最初の選考方法に用いる。B・C選考の採択および順序は,学校裁量。
A選考(定員の70〜100%)
…均等型。調査書・面接等:学力検査を5:5で評価。(固定)
B選考(定員の0〜30%)
…調査書・面接等重視。7:3,8:2,9:1の中から選択。
C選考(定員の0〜30%)
…学力検査重視。3:7,2:8,1:9の中から選択。

5.推薦入学等

■推薦入学者選抜
全高校・全学科で実施(定時制は除く)。
応募資格A…スポーツ,文化・芸術活動,生徒会活動等の特別活動,ボランティア活動等の校内外の活動で顕著な実績を持つ者。
応募資格B…将来の職業選択や社会貢献に強い意欲を持っている者。

[検査内容]
調査書,志願理由書,面接,《小論文または作文,適性検査》

[定員に対する比率]
○基本として定員の10%以内
○体育科・体育コース・体育学系・スポーツ健康科学学系,芸術学系…50%以内
※県のスポーツ特別強化指定校は,当該指定競技に係る人数を募集定員の中に入れる。

6.備考

一般入学者選抜で,全員に面接を実施。一部の高校・学科では,小論文または作文,適性検査(実技等)も課される。
「自己アピールカード」を記入して提出→面接の際の資料にする。
※推薦入試内定者には,一般入試と同じ日に,一般入試の学力検査問題を使った学力調査が行われる。この学力検査の結果が合格に影響することはない。
※選抜ののち,欠員が10%以上の学科は,必ず二次募集を実施する。

[学区]
一般入学者選抜の普通科には学区の制限があるが,学区外の高校に出願はできる。この場合の各高校の学区外からの入学許可は,募集定員の10%以内。

[くくり募集実施校]
◯森岡第一,水沢,一関第一,釜石…普通科と理数科
◯釜石商工…機械科と電子機械科

[学力検査の傾斜配点]
○不来方の外国語学系,花巻南の国際科学学系…英×2
○黒沢尻工業の全学科…数×2
※傾斜配点して合計した点数を,500点満点に換算する。