北海道

※平成29年春実施の全国公立高校入試情報は、平成28年12月10日現在によるものです。

1.日程

[推薦選抜]
[連携型 (一般を除く)]
○面接等 2/13
○内定通知 〜2/20             
○合格発表 3/17               
                 
[一般選抜]
●学力検査 3/7      
○面接等  3/(7)・8
○合格発表 3/17

2.学力検査

[一般選抜]
国語:45分・60点
数学:45分・60点
英語:45分・60点
理科:45分・60点
社会:45分・60点
<300点満点>
※一部で傾斜配点を実施。
→「備考」参照。
※国語・数学・英語に学校裁量問題(学校の裁量により解答させる問題)を出題する学校あり
※北方領土に関する出題あり
○英語聞き取りあり

3.調査書

[評定の記載方法]
○1年…5段階(絶対評価)
○2年…5段階(絶対評価)
○3年…5段階(絶対評価)

[調査書点の算出方法]
3年重視
(1・2年は2倍,3年は3倍する)
 1年:9教科×5段階×2倍=90点
 2年:9教科×5段階×2倍=90点
 3年:9教科×5段階×3倍=135点
<315点満点>

※調査書の名称は「個人調査書」

4.合否判定

[調査書と学力検査の比重]
ほぼ同等

[判定方法]
段階相関方式
(調査書点13段階,学力検査点25段階)
○第1次選考…調査書点と学力検査点を同等に扱い,定員の70%程度を選抜。
○第2次選考…調査書の内容等を重視して,定員の15%程度を選抜。
○第3次選考…学力検査点を重視して,定員の15%程度を選抜。
※第2次と第3次の順序や,第2次・第3次における調査書点と学力検査点の比重は,高校により異なる。
※面接,実技,作文を行った場合はその結果を加えて総合的に判断する。

5.推薦入学等

■推薦選抜
普通科の一部と専門学科,総合学科で実施。

[検査内容]
面接・[英語の聞き取り,英語による問答,実技,作文]
「自己アピール文提出」を課す高校も多い。

[定員に対する比率]
○普通科…20%程度(定員が120名以下の場合は30%程度)
○農業・水産に関する学科…定員の範囲内
○その他の学科…50%程度                    

※合格内定とならなかった者で,入学確約書を提出し面接を受けた者は,当初出願した課程・学科に限らず,再出願できる。
※農業,水産に関する学科の出願者で,将来自家経営に従事することを希望する者は,自営予定者説明書を提出。

6.備考

一般選抜で,多くの高校で面接を実施。            
体育に関する学科の出願者は,推薦選抜,一般選抜ともに健康診断書を提出。

[学力検査の傾斜配点]
○滝川の理数科,釧路江南…国・数・英×1.5                     ◯札幌北 …数・英×2                    
○札幌啓成の理数科…数・理・英×1.5
○札幌国際情報の国際文化科,市立札幌清田の普通科グローバルコース…英×2                                       
○千歳の国際教養科,函館商業の国際経済科…英×1.5
○旭川西の理数科…数・理×2,英×1.5
○釧路湖陵の理数科…数×2,理・英×1.5

                                  
※合否判定時に,傾斜配点して合計した点数を,300点満点に換算する。