広島県

※平成29年春実施の全国公立高校入試情報は、平成28年12月10日現在によるものです。

1.日程

 [選抜(T)・連携型中高一貫教育に関する選抜・併設型高等学校入学者選抜]
○面接等 2/3
○結果通知 2/8

[選抜(U)]
●学力検査等 3/7・8
○合格発表 3/14

2.学力検査

[選抜(U)]
国語:50分・50点
数学:50分・50点
英語:50分・50点
理科:50分・50点
社会:50分・50点
<250点満点>
→125点満点に換算。

※傾斜配点を実施する高校あり。→「備考」欄参照
※自校作成した学力検査を実施する高校あり。→「備考」欄参照
※実技検査を実施する高校あり。 
○英語聞き取りあり



3.調査書

[評定の記載方法]
○1年…5段階(絶対評価)
○2年…5段階(絶対評価)
○3年…5段階(絶対評価)

[調査書点の算出方法]
○選抜(T)・連携型中高一貫教育に関する選抜・併設型高等学校入学者選抜
9教科×5段階×3学年=135点
<135点満点>
※併設型高校の広島,福山市立福山は,社・理の評点を2倍する。(165点満点)

○選抜(U)
実技重視(実技4教科を2倍する)
 5教科×5段階×3学年=75点
 4教科×5段階×2倍×3学年=120点
<195点満点>
→130点満点に換算。

4.合否判定

[調査書と学力検査の比重]
ほぼ同等が基本だが,高校は,定員の一部(20%以内)を,学力検査重視(1:9〜3:7)または調査書重視(8:2〜7:3)で選抜できる。

○学力検査重視…30学科・コース
○調査書重視…5学科・コース

[判定方法]
学力検査点と調査書点並びにその他の記載事項,面接・実技検査や自校作成問題を実施した場合はその結果を総合的に判断する。

5.推薦入学等

■選抜(T)
平成29年度は,全日制の全ての高校・学科で実施。
学校推薦+自己推薦形式(志望理由書を提出)
普通科にコースを設置している高校は,普通科と普通科・コースとの併願を認めることができる(併願の方法は高校が定める)。

[検査内容]
面接・《作文・小論文,実技検査等》
※全ての高校で,面接に加えて各高校が定めた1〜2つの選抜方法をとる。
※大部分の高校で作文または小論文を実施。

[定員に対する比率](基本)
○普通科におけるコース,総合選択制の普通科,専門教育を主とする学科及び総合学科…50%以内
○入学定員が1学級の普通科…30%以内
○上記を除く普通科…20%以内
○普通科以外の学科…各高校が決める。50%が多い。

■連携型中高一貫教育に関する選抜
連携型中学校を卒業見込みの者が,当該連携型高等学校に出願。志願者は,公立の二つ以上の高校,課程,学科・コースへの併願はできない。また選抜(T),併設型選抜および併設型における帰国生徒等の特別入学選抜への併願はできない。                          [定員]                               高校が定める。

[検査内容]
面接・《高校による独自の選抜》

■併設型高等学校入学者選抜
実施校…広島,福山市立福山
志望理由書を提出。
志願者は,公立の二つ以上の高校,課程,学科・コースへの併願はできない。また選抜(T),連携型中高一貫教育選抜および併設型における帰国生徒等の特別入学選抜への併願はできない。              [募集定員]                             併設型中学校からの入学予定者数を除いた人数。

[検査内容]
学力検査(自校作成問題による国・数・英,国・英は50分・数は60分((福山市立福山は3教科とも50分)))

6.備考

選抜(U)でも,多くの学校で全員面接を実施。実技検査を課す高校もある。※連携型中高一貫教育校は,「連携型中高一貫教育に関する選抜」での合格者を除いて,選抜(T)(U)も実施する。

[学力検査の傾斜配点]
○広島国泰寺の普通科(理数コースを除く),広島皆実,広島井口,広島観音,広,広島市立舟入の普通科(国際コミュニケーションコースを除く),広島市立沼田の普通科(体育コースを除く),可部,高陽東,五日市,広島市立美鈴が丘,廿日市,廿日市西,呉市立呉…数・英×2
○安芸府中の国際科…英×2
○広島国泰寺の理数コース…英・理×2
○大門の理数コース…数・理×2
○祗園北の普通科(理数コースを除く)…数・英×1.5
○祇園北の理数コース…数・理×1.5

[学力検査問題の自校作成]
○広島国泰寺の理数コース,福山誠之館,廿日市…数
○安古市,安西,呉三津田,尾道北,三次…数・英
○尾道東の国際教養コース…英