福岡県

※平成29年春実施の全国公立高校入試情報は、平成28年12月10日現在によるものです。

1.日程

[推薦入学者選抜]
○面接等 2/8・9
○選考結果通知 2/14

[一般入学者選抜]              
●学力検査 3/8

○個性重視の特別試験(実施校のみ) 3/8・9
○合格発表 3/15

2.学力検査

[一般入学者選抜]
国語:45分・60点
数学:45分・60点
英語:50分・60点
理科:45分・60点
社会:45分・60点
<300点満点>
※一部で傾斜配点を実施。→「備考」参照。
※下記の高校で数学の追加問題を学力検査の終了後に実施(30分・30点加算)。 →筑紫丘・明善・嘉穂の理数科

○英語聞き取りあり
○国語条件作文あり(例年)

3.調査書

[評定の記載方法]
○1年…5段階(絶対評価)
○2年…5段階(絶対評価)
○3年…5段階(絶対評価)

[調査書点の算出方法]
3年重視(3年のみ合計)
 3年:9教科×5段階=45点
<45点満点>
※一部で傾斜配点を実施。→「備考」参照。

4.合否判定

[調査書と学力検査の比重]
同等

[判定方法]
両順位重複方式(第1次選考)
○第1次選考…調査書点と学力検査点の順位がともに一定数(定員以内で高校ごとに定める人数)以内に入っていて,調査書の内容に問題のない者を,合格とする。(定員の約6割程度)
○第2次選考…調査書のその他の記録も重視して,総合的に判定する。(高校により,調査書の記載事項で特に重視する部分を定める。また,個性重視の特別試験を実施する高校ではその結果を活用する。)

5.推薦入学等

■推薦入学者選抜
全高校・全学科で実施。
中学校長の推薦を受ける学校長推薦と,一部の高校が実施する自己推薦の2つの制度がある。
志願理由書も提出。

[検査内容]
面接,《作文,実技》

[募集人員]
学科ごとに「○人程度」と,人数で設定。

※自己推薦制度…中学校長の推薦を必要としない推薦制度。実施校の定める出願資格を満たす者が対象。実施校は,従来の学校長推薦と併せて実施する。
志願者は,学校長推薦と併願することはできない。
[実施校]
早良,大宰府,三潴,朝倉光陽

■帰国生徒特例措置
中国等帰国孤児子女,外国人生徒等を対象とする。
実施する高校が決まっている。
[検査日程]
1月27日
[検査内容]
特別学力検査(国・数・英),作文,面接

※推薦入学・一般学力検査の特例措置もある。

6.備考

[個性重視の特別試験]
42高校で実施。学力検査のほか,面接・作文・実技のうち1〜2種類の試験を実施(3/8または9 )し,第2次選考の資料とする。

[学力検査の傾斜配点]
18校で実施。特定の教科の得点×1.5
○玄界の国際文化コース,香住丘・北筑・久留米・嘉穂東の英語科,若松商業の総合ビジネス科・ビジネス情報科…英語
○城南・山門の理数コース,香住丘の数理コミュニケーションコース,八幡・新宮・鞍手の理数科,八幡工業の全科,田川科学技術のシステム科学技術科…数学・理科                  
○柏陵の環境科学コース,筑紫丘・明善・嘉穂の理数科…理科                       
○浮羽工業の全科…数学

[調査書の傾斜配点]
9校で実施。特定の教科の評定×1.5
○北九州・三井・直方・早良の普通科体育に関するコース…保体
○浮羽工業,筑豊の生活デザイン科,田川科学技術のシステム科学技術科,嘉穂総合…技家
○大川樟風の住環境システム科…美術・技家
○田川科学技術の生命科学科…理科・技家                 
◯田川科学技術のビジネス科学科…数・英