和歌山県

※平成28年春実施の全国公立高校入試情報は、平成27年12月10日現在によるものです。

1.日程

[特別選抜]
(連携型中高一貫教育校)
○面接等 2/8
◯合格内定 2/15

[一般選抜・スポーツ推薦]
●学力検査  3/10
◯ 面接・実技検査等(実施校のみ) 3/11
○合格発表 3/18

2.学力検査

[一般選抜]
国語:50分・100点
数学:50分・100点
英語:50分・100点
理科:50分・100点
社会:50分・100点
<500点満点>
※一部で傾斜配点を実施→「備考」参照。
※2日目の面接・実技検査等は,面接(口頭による検査を含む),作文または小論文,実技(プレゼンテーションを含む)を実施。実施時間帯が実施校により異なる。
○英語聞き取りあり
○国語条件作文あり(例年)

3.調査書

[評定の記載方法]
○1年…5段階(絶対評価)
○2年…5段階(絶対評価)
○3年…5段階(絶対評価)

[調査書点の算出方法]
3年重視(3年を2倍する)
 1年:9教科×5段階=45点
 2年:9教科×5段階=45点
 3年:9教科×5段階×2倍=90点
<180点満点>

※傾斜配点(傾斜評価)を実施できる。→平成28年度はなし

4.合否判定

[調査書と学力検査の比重]
面接・実技検査等を実施する場合はその成績も加えて,各高校がそれぞれの比重を決める。同等か,やや学力検査重視とする高校が多い。

[判定方法]…総合判定
調査書:評定点(傾斜評価を実施する学科(コース等)は,傾斜評価後の合計を満点とする),その他の記載内容を総合的に評価する。
学力検査:傾斜配点を実施する学科(コース等)は,傾斜配点後の合計を満点とする。
面接・実技検査等:面接は段階的に評価し,その他の検査は適切に点数化する。
○第1段階…次のいずれかの条件を満たす者を合格とする(合計が定員の80%を超える場合は,ア〜ウを均等に減らす。)
 (ア)「調査書」の記載内容が優れ,学力検査点が定員内にある者のうち,各高校の「選抜選考基準」の割合内にある者(ただし,面接・実技検査等実施の場合は,その成績が著しく下位の者を除く)
 (イ)「学力検査点」が優れ,調査書点が定員内にある者のうち,「選抜選考基準」の割合内にある者(ただし,面接・実技検査等実施の場合は,その成績が著しく下位の者を除く)
 (ウ)「面接・実技検査等の成績」に優れ,調査書点・学力検査点が定員内にある者のうち,「選抜選考基準」の割合内にある者
○第2段階…第1段階で定員の80%に満たない場合は,ア〜ウを均等に増やし,定員の80%まで調整する。
○第3段階…残りの受検者にスポーツ推薦で合格しなかった者・第2志望の者を加え,総合的に判定する。
○第4段階…第3段階において,定員までを合格予定者としたうえ,全受検者について総合的な観点から検討,合格者を決定。

5.推薦入学等

■スポーツ推薦
教育委員会の指定を受けた高校で,実施。
中学校長が推薦する。入学者数は,1競技スポーツあたり,男女の指定のない場合は男女計5名程度。
[検査内容]
学力検査・スポーツ実技検査等

■特別選抜
南部高校龍神分校で実施。
[検査内容]
面接・作文

6.備考

出願は1校1課程1学科(コース等)に限られるが,同一校,同一課程に限り,第2志望を出願できる。
和歌山北・スポーツ健康科学科,和歌山,箕島・普通科(スポーツコース),日高中津分校を志願する者は,それぞれの高校規定の申告書を提出する。

[学力検査の傾斜配点]
○那賀の国際科…国・英×1.5
○海南の教養理学科…数・理×1.5
○桐蔭・新宮の普通科…国・数・英×1.2
○粉河の理数科,桐蔭の数理科学科…数・英×1.5
○和歌山工業の全科…数・理×1.3
○貴志川の人間科学科・・・最も高い1教科×2.0
○向陽の普通科…国・数・英×1.5 

[調査書の傾斜配点]
平成28年度はなし