愛媛県

※平成28年春実施の全国公立高校入試情報は、平成27年12月10日現在によるものです。

1.日程

[推薦入学者選抜]
○面接等 2/9
○内定通知 2/16〜18

[一般入学者選抜]
●学力検査 3/9〜10
○面接等 3/10
○合格発表 3/18

2.学力検査

[一般入学者選抜]
国語:一般の問題45分+作文25分・50点
数学:50分・50点
英語:60分・50点
理科:50分・50点
社会:50分・50点
<250点満点>
※一部で傾斜配点を実施することができる。 →「備考」参照。

○英語聞き取りあり(例年)
○国語課題作文あり
○平成20年文部科学省告示第28号の内容に即して出題する。

3.調査書

[評定の記載方法]
○1年…5段階(絶対評価)
○2年…5段階(絶対評価)
○3年…5段階(絶対評価)

[調査書点の算出方法]
 9教科×5段階×3学年=135点
<135点満点>

4.合否判定

[調査書と学力検査の比重]
高校により異なる。

[判定方法]
両順位重複方式(第1選抜)
○第1選抜…調査書点の上位から定員90%程度までで,調査書の学習の記録以外並びに面接及び実技テストの結果が良好な者について,学力検査点の上位から定員の70%程度までの者を合格とする。(農・工・商・水産学科・理数科,国際文理科では,第1志望の者を対象とする。)
○第2選抜…次のA〜Cをもとに,定員の残り30%程度の合格者を判定する。(A+B+C=500点。A〜Cのそれぞれの比率は,合計が10になるように各高校・学科で設定。)
A…学力検査点(比率は3〜6)
B…調査書点(比率は2〜4)
C…調査書の学習の記録以外の記録や面接および実技テストの評価点(比率は2〜4)
※第2選抜では,第2志望の者も対象に含む。

5.推薦入学等

■推薦入学者選抜
全高校・全学科で実施。
自己アピール書も提出。

[検査内容]
面接・集団討論のうちから少なくとも1つ,作文・小論文のうちから少なくとも1つ,合わせて2つ以上。
工業に関するデザイン科では実技検査(30分)を実施。

[定員に対する比率]
○普通科,理数科,国際文理科…5〜15%程度
○職業教育を主とする学科,総合学科…20〜30%程度

6.備考

一般入学者選抜で,全員に面接を実施。           
今治工業の繊維デザイン科,松山南の砥部分校デザイン科では実技検査(30分)を実施。

農・工・商・水産の各学科,国際文理科,理数科・国際文理科と普通科はくくり募集ができる。                                 
農・工・商・水産学科の同一校内で二つの小学科を志望する場合,理数科・国際文理科に出願し普通科を第2志望とする場合以外は,二つ以上の学科に出願できない。

                  
[学力検査の傾斜配点を実施できる学科]
○理数科…数,理×1.5
○総合学科…5教科の中で得点の高い2教科×1.5