荒廃した落柿舎の戦後の再建者である相場師工藤が,私財を投げ打って
落柿舎と共に歩む晩年の俳句人生を描く。
芝蘭子の句集・遺稿なども収録し,資料的価値も高い書。

 <主な内容>

序 --------------------伊藤桂一
芝蘭子を悼む ----------保田與重郎
芝蘭子句集 ------------工藤芝蘭子
芝蘭子さん --------------柳井道弘
芝蘭子宗匠−その俳句と生活− 
 ----------------------早川幾忠
工藤芝蘭子遺稿           
工藤芝蘭子略年譜----------近藤蕉肝

定価:2,057円(税込)

造本・体裁:四六判(127_×188_)
      ・並製・350頁・カバー4色
ISBN4-7868-0013-9